ヒノキで作った犬小屋は非常に長い間使用することができます

Made in Japan 。 国産特ヒノキを犬小屋に使えます!

犬小屋jpは国産ヒノキを、製材所提携により輸入材、合板、杉、コンパネなどの安材以下の単価で直販します!

・「天然材」や「国産材」とだけ記載している量販品が大半です。言葉のトリックに注意してしっかり原材料を確かめましょう
・現在の表示法は木材に緩い現状から種類や採取元、無垢も集成も関係なく含まれれば天然や国産と表示している販売店が急増中です
・国産材と表示されていても集成であったり無垢であっても安価な材である事がよくあります

屋外犬小屋~防音犬小屋に求められるレベルを達成する為に必要不可欠な素材。
■屋外犬小屋の「屋根」に求められる外敵、落下物に対抗するできる強度をヒノキは持ちます
■ヒノキを使えば錆や劣化を招く金属を使用することなく屋根を製作できます
■床強度、壁強度だけでなく構造体だけで(骨組み)強烈な強度が出ます(曲げモーメント最高)
■水分保持率が一定で非常に長期に渡って安定した素材(長年に渡り伸縮が無く狂いが極少)
■防ダニ性能が高く48時間以内での対ダニ効果は100%(ヒノキ、クスノキ、ヒバのみ100%)
■軟材のように傷が付きにくく(杉や桐などは軟材。室内の細工品に向く)硬すぎでもない見事なベストバランス硬度
■壁材や屋根材として愛犬を守るだけでなく清潔で快適な室内空間を提供
■劣化進行が遅く、屋外の厳しい環境から室内の防音ケージまで末永く性能を維持
■杉アレルギーの方にも安心して使用して頂けます


ダニ抑制力100%のヒノキ。丁度良い硬度と性能で科学的なダニ薬とさようなら
・以下グラフはダニを抑制できるかを実験した結果です
(研究所実験結果/公式発表)

ヒノキを犬小屋に使った場合のダニ良抑制率
実験資料:独立行政法人森林総合研究所提供実験資料


木の厚みだけで強度、性能は決まらない。木種類と使い方が命。

■犬小屋のような小さな軸組みの中では厚みだけを厚くしても限界は低い
■曲げヤング係数を見れば科学的に全てが浮き彫りになる

・曲げヤング係数を元に必要な厚みを算出し家は建てられる、強度的に圧倒的な
能力を持つヒノキ/ヒバで3センチで合格が出せる壁も、杉やイチョウでは5センチ6センチ必要。
すなわち木を選ぶときはその種類にユーザーは目を光らせる事が重要です。

・その木が持つ性能(ヒノキであれば健康効果、防ダニ効果、防カビ効果等)がどの程度あるか
自分の家の木材にこだわる貴方が愛犬を入れるケージの木に無関心では残念です

・木の種類をしっかり認識選定したら今度は構造をしっかり見極めます。
例えば木材は圧倒的な厚みがあるなどを除いて(仮に1メートル厚など)、
1センチ2センチの厚みの差で「防音性能」や「断熱性能」が大きく変わりはしません。
強度はその木が持つ固有のモーメント値で科学的に出ていますし、
厚みを出せばその分、木材の持つ強度X厚みで計算できます。
しかしながら断熱性能や防音性能は単なる微々たる厚み変化ではなく、
空気層、防音層、断熱層、多段壁など専用の処置によって効果を倍増させます。

国産ヒノキの調査結果
気乾 平均収縮率(%) 強さ(Mpa) 曲げヤング係数
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断 (Gpa)
0.44 0.12 0.23 74 39 7.4 8.8

国産イチョウの調査結果
気乾 平均収縮率(%) 強さ(Mpa) 曲げヤング係数
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断 (Gpa)
0.45 目無 目無 46 46 6.6 5.6

国産杉の調査結果
気乾 平均収縮率(%) 強さ(Mpa) 曲げヤング係数
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断 (Gpa)
0.38 0.10 0.25 64 34 5.9 7.4

国産ヒバの調査結果
気乾 平均収縮率(%) 強さ(Mpa) 曲げヤング係数
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断 (Gpa)
0.45 0.19 0.27 74 39 7.4 8.8


資料提供:財団法人日本木材総合情報センター


木に吸わせない、腐らせない、バイキンを繁殖させない。

■ヒノキの更なる高性能で全国何処でも高評価されている理由の一つにバイキンに対する抗菌があります
・ヒノキの持つヒノキオイルを活かし末永く快適健康に過ごせる為、また木の基本的な使用法である
汚れや水分を吸わせない事をできるだけ実現するため、処置を率先して行っています。
完全無害の施工品を使用し汚れ蓄積や腐敗菌の繁殖を防ぎます。
ペットを飼っている家に行くと悪臭や不快な匂いを感じる事がありますが、
面倒なお掃除でついつい放置してしまい、汚れが吸着し蓄積した結果、腐敗菌やバイキンが繁殖した結果。
実際に匂いのきついハムスター、猫、犬、オウムでヒノキケージで実験した事がありますが
悪臭が出にくく大変快適な空間を提供しています。

犬小屋JPが国産ヒノキを最初から一筋に採用している理由は
■実験段階で多くの木材を実際に使用して動物が嫌がらなかったもの、問題が少なかったもので抜きん出ていた
■建築業界での経験から犬小屋ほどの劣悪な環境で使われる可能性があるものにはヒノキほどの耐久性は必要と判断
■合板、集成材、コンパネ、輸入材等では将来の劣化でめくれ、劣化等の予想が出来ない不安
■輸入材では無添加(殺虫剤含)なのか調べようが無い、虫の卵等が入っていないか調べようが無い為却下
■国産でも杉、桐では強度を得る為にヒノキより厚くする事を懸念、理想の仕上がりにならず、吸水率が高すぎる
■軟らかすぎる材、吸水が高い材の場合、保護材仕上がりが理想までいかない、耐久性に不安を持ちたくない
■構造体としての強度を得るとき、専用ロングビスをトルクをかけて締めるが軟材では、ビス頭がめりこんで決まらない
■超極太専用設計ビス、超ロングビスを締めこんで決める場面ではヒノキでないとビス頭がきかない

・上記はほんの一部の理由ですが犬小屋JPの理想とするものを作るには素材としてヒノキだけが合格となったため採用しています
・当然ながら犬小屋JPの理想とは顧客満足度の高いものであり、耐久性、安全性、耐震性をより高い次元で実現するものを指します

犬小屋JPだけでなく直結製材会社もお客様への満足度の為に動きます

ヒノキという素材は構造体としての強度を得る為に必要であるだけでなく
植物樹液素材浸透率が犬小屋JPの求めるものと一致していますので
仕上がりも満足の行くものです、特に内装で仕上がりの差が出ます
ヒノキオイルを含むヒノキであるためにナチュラルなオイルフィニッシュ系との相性が良く満足します
また、犬小屋JPではこのヒノキを継続して皆様に使用して頂けるよう
通常、高価なヒノキを犬小屋に使用するには相当なリスクを伴います

単価が高く時に価格変動がある為、賢明な製作者であればヒノキは避けるはずです
ヒノキは他素材より単価が高い為、経営者の純利益を少なくする素材なのです
しかしヒノキありきで始まった犬小屋JPでは製材所経営者との協力により
犬小屋専門に常時ヒノキ確保を実現しています

犬小屋JPを利用する方は、杉、合板、コンパネ、輸入材のようなホームセンターで並ぶ
一般の求めやすい素材以下の単価で国産ヒノキを使用する事ができます。
この機会にご利用いただければと思います。

内装、外装、中空があるような防音ケージは空洞部の下地まで全てヒノキです。
今では高価なため建材としても中々使えない無垢ヒノキ。
是非体感してみてください。お気軽に使用して頂けます。

犬小屋JPにお問い合わせ、お見積もりご依頼はこちらへ
防音ケージとして製作する方はこちらを参照

これからの時代の為に、次の世代の為に。お客様レベルで考えて頂きたい事
合法木材を使用して地球温暖化防止、環境保護を目指しています

国産木材には合法木材とそうでない木材があります。(犬小屋JPは合法木材推進事業者です)
合法木材とは流通に乗せ、きちんと伐採をし森を将来に繋げるよう管理しようとする中で使っても良いとされるものを
使ったものです。合法木材を使用する事は、山の無謀な伐採や放置を防ぎ環境破壊を防ぐ目的があります。
木は考えて植林し、伐採して管理してこそ将来に繋がります。
独自伐採された木材や、流通していない出所の分らない木を使わないとする意識が大切です。
安いからといって飛びつくようでは将来に繋がりません。
より多くの方にお客様レベルまでこういった事が浸透するよう、事業所としてお願い致します。
森林を守り管理する事は、地球温暖化を防ぎ、将来の子供たちへの環境提供に繋がります。
森林破壊は、一切森林を伐採しないというだけでは止まりません。
必要な間引きをし、森林全体に日光と栄養が行き渡るように管理する事が重要です。
使うべき木を使い、使うべきでない木は残す。そういった事が問われているのです。
私は工房レベルで出来る事プロジェクトに参加、賛同しています。
お客様も「事業者を選択する」事で森林保護に参加する事ができます。

・尚当サイト内の情報は内容更新までの期間実際の現場の状況や新しい素材や新しい製品との
誤差が出る場合があります順次サイト内のページは更新しますが先だって最新の情報は
こちらの犬小屋JPの最新情報ブログのほうで犬小屋や防音ケージの情報をお知らせしますので
最新情報や予告や納期状況などをご覧くださいませ
場合によっては数か月で更に品質向上を目指して内容変更改良する事もあります。
当ショップでは無害で安全で仕上がりの良いものをながらく提供する為に、
震災の影響やメーカー供給停止などによって資材が無くなった場合でも、
常に一定レベルを満たす素材を求めて採用しています。
せっかくプロが製作するものですからDIYレベルから一歩踏み出たものを
ご提供するよう日々勉強日々ノウハウ蓄積しております。
少数生産体制でご対応しておりますのでWEB更新やブログ更新
納期などご迷惑をお掛けする事もあると思いますがどうぞ宜しくお願いします。
先だって犬小屋や防音犬小屋の製作例はこちらで抜粋して先行掲載します。
定期的に詳細掲載をWEBのほうにも致します。

犬小屋JPからの最新のお知らせはこちらにて掲載致しますので宜しくお願い致します

犬小屋刻印

・犬小屋JPのオーダー犬小屋、オーダーケージ底面にはOKマーク(オーダーメイド工房)が刻印されています。
オーダーメイド工房純正の証です。類似品、粗悪品にご注意下さい。この刻印の入ったものは、
使用する木材、パーツ、保護材、雑品に至るまで一流品、検査合格品で製作された事を意味します。


犬小屋はクリーン環境推進工房<完全禁煙化/危険物持込禁止>
・工房内は完全禁煙環境となっております。事務所内、工房内全て禁煙
(施工者に喫煙者はおりません)ですのでクリーン環境を徹底しております。
危険物持ち込み禁止区域に指定しておりますので有害物質等の混入も無いよう注意しています。
ナチュラル素材使用ハンドメイド工房としての姿勢を貫いています。


犬小屋JPへの見積もり依頼たお問い合わせ先
犬小屋の配送について

お見積もりご依頼、ご相談、お問い合わせはこちらの一覧へ

犬小屋JPのINDEXへ戻るにはこちらからどうぞ