犬小屋ジャパン作業場紹介


■製作はオーダーメイド工房の作業場にて1台ずつ丹念に製作しています
■即納定番品も個別注文品も量産は避け、お客様の声、プロの現場の声を製品に常にフィードバックしています
■オーダーメイド工房では犬小屋、防音犬小屋に関して10年以上の研究開発蓄積ノウハウを保有しています
■オーダーメイド工房の前身は上野建築/上野建築事務所です建築の専門家が立ち上げた事業です


既製品・類似品には真似できない

防音犬小屋に関しましては、全てハンドメイドにて製作しています。
防音犬小屋開発を始めた当初よりコンセプトは変わらず、既製品のような
無機質なものを何とかできないか、外装内装をもっと質感を高められないか、
長時間安全で快適に出来ないか、防音性能選択の幅をもっと広げられないかなど
疑問に思っていた部分を、建築屋での楽器演奏防音、住宅防音施工技術と、
犬小屋製作の技術を融合することで現在の満足度の高い防音犬小屋を供給しています。

その為、製作には時間がかかります。「早く、適当に、安くやれば良い」という要望には
まず応えられません。こういう場合は既製品を購入されるほうが満足される事と思います。

屋外断熱犬小屋、屋内通常飼育ケージに関しても同様の心構えで営業をしています。
既製品では絶対出来ない少量ハンドメイドによって希望の寸法で製作をします。
「とにかく早く、簡素で、安く、サイズはどうでも良い」という場合は間違いなく
既製品を求められたほうがこちらも良いと思います。
反面、材料面での不安(素材、安全、塗料、運搬、組み付けその他)要素を少なくし
希望の寸法で尚且つ質感の良いものをお求めの方には満足して頂けます。


こだわりは無駄ではないと考えています


木工品の施工方法や理念は無数に存在します。家具等の世界では外観が特に重視されますし、
作り方も組手を多用するなど家具としての特徴があります。
犬小屋をはじめ飼育ケージの場合は外観も大事ですがその前に、
実際に飼育の現場でケージに与えられるダメージに対してどうか?が最大の重要点となります。
極端な言い方をすれば現場で動物に害を与えたり、使いにくかったり、数か月で問題が出たりすれば
それは飼育用ケージとして存在価値が無いと断言します。
家具ではないのです。そして観賞用のものでもない。
犬小屋と言っても製作者の理念によってどこまでも高められると考えています。

犬小屋JPの厳しさ、こだわりは単なるわがままや見せかけのスタイルの為ではありません。
一般の方からすると、何が違うのかどこがいけないのか?疑問に思うかもしれませんが、
例えばビス一つ取っても例えば犬小屋JPでは本体枠組み専用の極太ビスは専用品しか使わず、
下地のヒノキ用のビスですら銘柄指定で決して別の安価な輸入品は使わなかったりします。
それは好きなメーカーであるとか取引があるからメーカーを優遇しているわけではなく、
例えば電動機械でビスを打ち込む、ある輸入ビスはネジ頭が不良が多く、空回りをする。
もうこの時点でこのメーカーのビスは一切使いたくなくなりますし、
例えばある時、どうしても定番の国産ビスが無かった時、同じようなスリムタイプのビスを
近所のホームセンターで購入し使用。すると同じ長さ(傘下30mm同士という具合に)なのに、
下地から板を打ち込んだらビスだけネジ入り、板を引っ張り込む事ができない。
つまり自分たちが長年数十、数百の銘柄の中から選んできた優秀なビスというのは
最低限必要なサイズでキッチリと板を引っ張り込み、尚且つセンターが決まっており、
尚且つ耐久性があって、という具合にビス1本を決めるのに、職人としての感覚は大事にしているのです。
普通、プロの職人で熟練者であれば「このビスは締め込みが甘い」とか「このビスはヒノキを割る」とか
細かいのがわかります。わからないのであれば職人としてダメです。

そしてそういう妥協があっても「良いビスは高いから」、とか「付き合いがある建材屋にはこれしかないから」
という形で不満点があるにもかかわらず、その妥協しなければならないパーツを使用するのが通例です。
もしも取引先がその不満しか残らないビスしか無いと言い、他のものを仕入れないと言えば、
その取引先のビスは以後一切使用しない。他のメーカーなどに自分が満足できるビスがあれば
その日にでも仕入れ先を変える。そこに何の妥協も迷いも要らない。

ビスに限らず細かいタッカから蝶番から木材から強化アクリルに至るまで、
製品を構成する素材、クオリティ、耐久性に着目してみてください。
これからは私たちのようなある意味、古い職人の考え方と新しい職人の考え方の良い部分を
取り入れた考え方が大事ではないかと考えます。

犬小屋jpの防音ケージ

犬小屋JP防音ケージ説明

犬小屋JPの手掛ける防音犬小屋、防音猫ケージ、鳥ケージはプロも愛用する
本物志向の防音ケージとなっています。
基本技術に音楽用のハイクオリティ録音スタジオの防音室の技術を使用し、
音響管理まで行えます。また、楽器演奏ブースのような極めてクオリティの高い
目的別の構造に加え、動物が快適に過ごせるように室内空間、
室内塗装、常時臭気抜き、常時排気、常時吸気等動物に合わせた
改良とノウハウを持っています。防音ケージは特に限られた蓄積ノウハウが必須であり、
当ショップでは設立時より、一番研究と力を入れてきた分野です。
防音録音スタジオ技術+建築構造技術+家具製作技術等複数の技術が
必要とされる犬小屋の防音に関して圧倒的な自信と信頼を得ています。

高品質ヒノキ、高品質パーツ採用。無駄な広告費等をカットして材料へ還元。


犬小屋JP/オーダーメイド工房では通常一般に使用される機会の多い資材の
1ランク、2ランク上のグレードの木材やパーツを採用していますが、
それらは広告費、その他経費を削減して製作品の材料にあてる事を選んだ結果です
当ショップは露出を少なく広告費用を無くしてそれらを全て還元していますので
同じ値段でもよりユーザーライクな結果を目指しています。
自分が依頼主の立場であればどうだろう?という事を考えながら運営しています。

国産のヒノキ、国産のビス、国産部品にこだわり、高品質な材料使用。
シックハウス、アトピーの方にも安心の低刺激対応品を使用しておりますので、
室内設置をしても全ての方に安心して使用して頂けます。

製作するスタッフは在来建築の現場で10年以上実際に施工してきた大工職人、
現場監督歴、棟梁歴30年以上の建築士などが製作設計にあたります。
お客様のお求めのイメージを形にします。
お宅に合ったイメージを現実にするだけでなく強度、快適さ、安全性まで
幅広い知識を活かして取り組ませて頂きます。

比較検討されればされるほど強い

当ショップは素材と施工にポリシーを持ったショップです。
ペットショップを営む業界の方にも利用して頂いています。
動物を扱うプロが使っても耐久性、信頼度が高いものを目指しています。
ハンドメイドケージをお探しの方は十分細部比較検討してみて下さい。
比較されればされるほど強いのが当ショップです。

精密無垢ヒノキ加工機械+ハンドメイド仕上げ

犬小屋は全て手作り
produce by ordermade-koubou

犬小屋JPオーダーメイドカタログページ

プロフェッショナルなチームがハンドメイドで製作します。
一軒家、公共施設の建築に従事してきたスタッフですから、
お宅に合わせた犬小屋や、部屋中で使う犬小屋、防音施工にも長けたスタッフですから
室内で使う防音犬小屋等も美しくそして快適性をしっかり備えたものを納品致します。

突き詰めた内容、材料を使用。専用設計パーツ、強度強化パーツ多数採用。安全性が全く違います。
やる事をやらないで起こる事故とやる事をやってからの事では全く意味が違います。
犬小屋や、防音犬小屋は今とても氾濫しすぎており競争に夢中になる企業ばかりになっています。
私たちは価格競争や無駄な労力に目を奪われる事なく犬小屋、顧客だけを見てきました。
これからも変わりません。一台一台を大事にして犬小屋自体で評価される事を過去も今後も望んでいます。
材料にこだわり続け、変わる事のない直向さで犬小屋JPを支持頂ける方は日々増加しています。
犬小屋JPは1台ずつ専門職人がカスタマイズハンドメイド仕上げして納品致しております。

犬小屋、防音ケージオーダー品に共通採用している仕様

*以下青文字をクリックすると詳細説明します

角が無いラウンドシェイプ施工(直角の角を全て丸く研磨シェイプ)
ビス頭などが一切見えない安全仕上げ(ヒノキ等で栓をして研磨)
国産ヒノキを採用した素晴らしい素材
割れない飛び散らない透明度高い高級アクリル採用
特製誤動作防止ハンドルレバー使用
金具は簡易ではなく高級プッシュロック採用
必要箇所には極厚L字金具内部埋め込み
超ロングビス、超極太ビス採用(国産工場での商品採用)
植物樹液塗料採用(食べても無害レベル採用)
・使用する機器、材は全て無害検査通過品採用
・その他多数独自構造、独自パーツ採用


ヒノキの犬小屋は健康に良い

動物全ての悩み、寄生虫、カビ問題をヒノキが自然の力で解決!

・以下グラフはダニを抑制できるかを実験した結果です。ヒノキは100%達成します。
(研究所実験結果/公式発表)
・ヒノキは水分保持率、犬猫が嫌がらない香りと硬度、そして耐久性を持ち
人間に対しての素晴らしいリラックス未病効能は説明不要でしょう
大昔からそして現在でも国産ヒノキは素晴らしい素材です

ヒノキを犬小屋に使った場合のダニ良抑制率
実験資料:独立行政法人森林総合研究所提供実験資料


犬小屋JPセキュリティー(SSL)とプライバシーポリシーへの意思

SSL グローバルサインのサイトシール

犬小屋JPではお客様からお送り頂く情報、やり取りの中でお聞きする情報を
プライバシーポリシーに基いて厳重に管理しています。
外部情報流出無き体制を整えており、データ通信はSSL暗号化によって
外部漏れを防ぐと共に、設計マシン、文章作成用/その他作業用マシンは
インターネットとの接続時は独自の数段のセキュリティー、平常時は
ネットから切り離しています。
長年お客様とダイレクトにお話をする建築業の経験から、
お客様のプライベート情報を常に頂くのが設計/建築の世界。
こういった経験から顧客情報を守ることの重要さは認識しています。
どうぞご安心の上でご相談下さい。


安全性や耐久性に対する考え方が根本的に違う

高知県東部周辺は昔から台風が多く通過していくことで知られ、
現在では生活面で便利にもなり、光回線がしかれるなどインターネット環境も
素晴らしいものになりました。
同時に大手メーカーの参入により大手ハウスの家が建築されたりも増えています。
当然の流れであり、美しい外観やシャープなトータルデザインは美しく、
時に芸術的ですらあります。一方、台風や潮風が古来から多い地区ですから
瓦等の構造、水周りの考え方(雨風の流れ)、電解の問題(塩害)、塗料劣化進行の問題、
色あせ、金具劣化問題等、都心部の環境とのギャップがあるため
初年度~3年度程度から更に5年度~10年度の経過で家主からのクレームや
補修依頼が多発しているという側面もあるとのことです。
環境の厳しい地方では厳しい環境に対応した素材、構造、そして事前対策を行います。
犬小屋JPの犬小屋や飼育ケージが特に都心部の方に驚きと評価を頂く背景には、
根本的な構造、仕様のベースが過酷な環境に合わせてあるというのがあると思います。
私達の育った高知県では素材ありき、構造ありき、耐久性ありきは基本です。
在来建築職人が撃滅していく昨今、その技術と思想はしっかりと
新しい事業に活かされ、全国のオーナーの喜びを作り出している事は嬉しく思います。

またオーダーものであっても定番在庫品であっても全て設計後に実物モデルを用意し、
破壊実験、性能実験を行っています。
例えば構造上、数メートル~数十メートルの間口があるような場合は
鉄骨や鉄骨+木、鉄筋コンクリート等が採用されることがありますが
ケージ、犬小屋クラスのサイズの場合、木(国産ヒノキ)で必要以上の強度が出ます。
仮に耐震屋根として設置した場合、上方から大きなブロックを落下させた場合も、
崩壊しない強度が構造で出す事が出来ます。また犬小屋JPではガラスや有害物質を一切排除し
万が一の場合も飛び散らず、崩壊を出来るだけ免れるよう設計施工しています。
木製ケージ、オーダーケージは作り手の技量、意識が大きな要因となります。
業者選びが全てを決めるといっても過言ではありません。

・尚当サイト内の情報は内容更新までの期間実際の現場の状況や新しい素材や新しい製品との
誤差が出る場合があります順次サイト内のページは更新しますが先だって最新の情報は
こちらの犬小屋JPの最新情報ブログのほうで犬小屋や防音ケージの情報をお知らせしますので
最新情報や予告や納期状況などをご覧くださいませ
場合によっては数か月で更に品質向上を目指して内容変更改良する事もあります。
当ショップでは無害で安全で仕上がりの良いものをながらく提供する為に、
震災の影響やメーカー供給停止などによって資材が無くなった場合でも、
常に一定レベルを満たす素材を求めて採用しています。
せっかくプロが製作するものですからDIYレベルから一歩踏み出たものを
ご提供するよう日々勉強日々ノウハウ蓄積しております。
少数生産体制でご対応しておりますのでWEB更新やブログ更新
納期などご迷惑をお掛けする事もあると思いますがどうぞ宜しくお願いします。
先だって犬小屋や防音犬小屋の製作例はこちらで抜粋して先行掲載します。
定期的に詳細掲載をWEBのほうにも致します。

犬小屋JPからの最新のお知らせはこちらにて掲載致しますので宜しくお願い致します

犬小屋jp代表より

犬小屋jpは前身は民間建築工務店がベースになっています
(現代表で三代目/公共施設や地元宮建築、民間工事施工等を手掛けてきました)

ダニ抑制、安全性、モーメント値の優秀さで日本一のヒノキベースの木製の犬小屋、木製の防音犬小屋
の加工、設計、製作をしております。木製品である以上、設計された防音犬小屋などを、
製作して納品物にする時、「職人の腕」が大変重要になります。

プラスチックの量産品は、防音ケージとしての利点が非常に少ないですが
機械による決まった最終形を量産できるため、職人による誤差が無い点は優位性があります。
対して木製品はいくら優れた設計があっても(設計は誰でも出来る可能性がありますが)、
木材を加工し、最終形にする段階で、職人の技術が足りない場合、
簡素化し、技術介入が必要ないように技術介入ができるだけ無くて済むようになっていきます。

そこが、腕の良い職人の提供する木工品と、そうでないものの差になっていきます。

昨今は当製作所名指しで指定買いを頂く方が増え、多くのファンの方に支援頂いています。
私が日々心掛けているのは、誰に見られても恥ずかしくない仕事をする事です。

インターネットを使った受注をしていると、どうしても見失いがちなのですが、
木工品は必ず、製作する職人の技術レベルが反映されます。

防音犬小屋は特にですが、根本的に木には大きな防音性能がありません。
特に一般家屋(人が住む家)に比べて限られたスペースで防音性能を出す必要があります。
その為、本格的な防音の為の遮音、調音、吸音技術が求められます。
犬小屋jpではオーダーメイド工房立ち上げ段階から、防音録音ブースの製作、そして解析から始め、
実際に大音量での実験、時に楽器演奏防音ルームを用意しての実験を積み重ね、
企業秘密にあたる、完全無音化までの技術、データを持ちました。
これら防音技術は一切外部に提供しておりませんので、
防音に関して簡易型から完全無音まで、選択して頂く事が出来ます。
防音性能の追及は既に最大まで実現しており、防音犬小屋のパイオニアとして、
防音性能だけでなく、徹底した室内環境の追求、安全性の追求を今日も明日も、
バージョンを上げながら行っています。

徹底した科学的根拠に基づいた設計と、伝統的な職人の加工技術を融合し、
犬小屋jpの納品物は完成します。

2013年にはいよいよ複合型ハイブリッド構造の提案も行い、
塗料メーカーと共同開発したペット専用の完全無害コーティングも始動しました。
長年の悩みであった、木への汚物のダメージをシャットアウトし、
お掃除もサッと一発です。日々世の中は進み、新しい技術も開発しますが
多くのお客様に、感動を与えられるよう製作しています。宜しくお願い致します。

2013年:オーダーメイド工房代表/上野



犬小屋JPオーダーメイドカタログページ

犬小屋INDEXへ犬小屋JPのトップに戻る(犬小屋総合INDEXへ戻る)
防音犬小屋INDEXへ防音犬小屋ドットコムへ移動する(防音犬小屋専門スタッフ対応)



犬小屋JPへの見積もり依頼たお問い合わせ先

犬小屋オーダーメイドの決済にカード使用可能です  

*クレジットカードによる決済も承りますのでお気軽にご依頼下さい


犬小屋jpの納品するオーダー品には証明刻印が押されています


犬小屋JPの刻印

ペットブーム、エコブームの影響も多少なりあったのか某オークション等で
コピー商品が溢れる等、意識して良質な素材を使用している私達の気分が滅入るだけなら未だしも
知らずにそういったものを手にするお客様(理解した上でご購入されるには全く問題無いのです)
が出る事には危機感を抱く事が多々あり、また当工房の名前を語っていたとの
情報も寄せられた事もあり、犬小屋JPの製品には2010年より(2009年12月納品より実施)
刻印によりオーダーメイド工房製品を告知します。
刻印はOKマーク(オーダーメイド工房のトレードマーク)となります。
オーダーメイド工房の製作物に使われる木材は合法木材であり、
添加物、殺虫剤を添加する以前の全くの真物しか使用しておらず、
劣る種類を使用していません。合板、集成も一切不使用。
またビス、保護材、使用する雑品、パーツ、電装品に至るまで、
1点残らず担当者が目を通し、納得の行く性能品、無害品しか採用してません。
一般の方は目にする事のない例えば断熱、防音の一部に使用される
発泡ウレタンを見てもいくつも種類があり、一方では
「2液自動混合型、完全環境適用合格品」という性能の品があると思えば
「空気に触れない箇所では硬化しません、また触れたり吸引すると有害で危険です」
といったものが混在しているのが現状です。
他に接着に使用する建材であってもビスであってもです。
国産、外国産、メッキ等多様に渡ります。
塗装一つ取っても有害、無害、無害でもそのレベルが多様です。
私達はこの刻印を押す時には使用した素材に納得と確信があるという事です。
お客様が私達を選択する価値を自ら高めていきたいと思っています。


犬小屋はクリーン環境推進工房<完全禁煙化/危険物持込禁止>
・工房内は完全禁煙環境となっております。事務所内、工房内全て禁煙
(施工者に喫煙者はおりません)ですのでクリーン環境を徹底しております。
危険物持ち込み禁止区域に指定しておりますので有害物質等の混入も無いよう注意しています。
ナチュラル素材使用ハンドメイド工房としての姿勢を貫いています。


 

 



 

 

 

 



飼育ケージ、犬小屋、防音犬小屋詳細ページ
>>犬小屋と愛犬画像抜粋紹介 >> お客様ケージピックアップ >>犬小屋&飼育小屋オプション設置 >>犬小屋の構造TOP
>>犬小屋構造2 >>犬小屋構造3 >>犬小屋構造4 >>犬小屋構造5
>>犬小屋構造6 >>製作料金システム >>犬種別サイズ参考 >>スペシャルオーダー可
>>工房犬小屋概念 >>犬小屋完成まで >>窓や格子の設置 >>換気口や戸の設置
>>工房採用アクリル >>ラウンドシェイプ加工 >>植物樹液塗料採用 >>塗装サンプル
>>オールヒノキ採用 >>ヒノキ性能数値 >>耐震性能、強度の高い製品 >>ゴミ無しエコ配送
>>納期の一例 >>犬小屋の予約・清算 >>犬小屋JP休日案内 >>犬小屋簡単注文例
>>よくある質問2 >>よくある質問総合 >>犬小屋に大事 >>犬小屋の作り方
>>サイトマップ >>ヒノキについて詳しく >>塗装について詳しく >>発送について詳しく
>>手入れについて詳しく >>納品について詳しく >>高さ調整防振足装備 >>犬小屋に迷ったら
>>ビス埋め等安全施工万全 >>犬小屋JPデスク >>リンク・情報

 

犬小屋サンプル一例(画像以外にどのようなものも相談OK!!)


お見積もりご依頼、ご相談、お問い合わせはこちらの一覧へ

犬小屋JPのINDEXへ戻るにはこちらからどうぞ