強い犬小屋ロゴ

・一般建築用ビスの数倍の強度、太さを誇る極太特注結合ビス採用(全ビス酸化防止&怪我防止埋め込み仕様)
・防音犬小屋の蝶番は市販の蝶番の倍の厚み、強度、捩れ強度高品を鉄板施工工場に特注製作採用
・屋内防音犬小屋、屋外防音犬小屋は、柱内に厳重な下地+ビス固定に加えて内装ヒノキ板、外装ヒノキ板で最低6センチ厚強度壁
・屋外通常版犬小屋に関しては壁、床、全ての柱に彫り込み叩き入れ+壁床すべて凹凸施工強度抜群
・通常版犬小屋に関してサイズが規定以上のものに関しては極太金具を全コーナーに埋め込み仕様
・使用木材はモーメント値、経年劣化に強く、捩れ強度も抜群の国産の住宅用、特ヒノキを採用

〔特注ビス/建材用の3倍太〕
強力なビス使用。特注品
〔特注蝶番/建具用の2倍厚〕
強い蝶番を使用


■なぜ犬小屋に強度が必要か、そしてそれを具体化し形に出来るか

屋外設置した犬小屋に落下物があった場合、横から重量物がのしかかった場合、
外から強風で何かが飛んできた場合等の外部要因。

・出入り口に入ったり出たりする時、飼い主が餌を置く時、散歩に行く時、
掃除をする時、何か屋根に乗せる時。

屋外の犬小屋、屋内の犬小屋、通常の犬小屋から防音に至るまで、
犬小屋JPが設計する時は単に見た目や現存の既成概念には囚われていません。
安全性や強度といったものに関しては、妥協なくやらせて頂いています。

使って気づいて頂ける箇所が多くあると思います。
耐震屋根、W施工、凹凸施工、ラウンドシェイプ施工、一切目にすることのないビス。
何かの拍子に見る事があれば、その使用されているビスの太さ、長さに驚かれるでしょう。
ビスに関しては一番力が必要ない骨組みでも長さ180-250ミリの超yロング逆ネジ彫り有り
特注ビスをトルクドライバで打ち込み、そのビスは完全埋め込まれます。
また中型以上のものには一般の建築用ビスの3倍の太さがある特注ビスを使用。
(一般使用される建材用ビス/内装ビス90mm-150mm程度のものとの太さ比較)
人の小指ほどもある太いビスが骨組みに貫通し、強靭なヒノキを締め付けると
その固体は素晴らしい強度を示します。
私たちも長年建築に関わっておりますが、通常の建築でもこのようなビスは
まず使用しないような太さです。蝶番などの特注品もそうですが、
私たちが特注にして太く、厚くしてある箇所は長らく犬小屋を納品していく中で
必要と感じた修正点なのです。
また、金具、ビス、蝶番、その他パーツは安易取り付けではなく
1納品物ごとに調整しながら適切に施工設置しています。

■防音犬小屋の完成度がなぜここまで高いか、妥協無き開発を恐れない

・防音犬小屋に関し絶対に他社追従を許しません。
また追従は不可能です。
その根拠としては重要箇所パーツは専用設計であり、
特注パーツが使われています。決して一般資材ではクオリティは出ません。

・防音犬小屋の造りの中でもドアは重要な箇所の一つです。
ドアの構造を妥協無く進めた場合、必然的に重量は通常ドアより増します。
また当然ながらドア周りの施工により気密性が必要となりますから、
捩れも必ず襲ってきます。
耐久性がケージの各パーツに確実に求められる分野です。
安易な加工では直ぐに交換若しくは劣化を起こします。
例えば蝶番、ドアのヒンジの部分ですが
この箇所は埋め込みしっかり施工する必要がありますが、
更に蝶番自体が一般の建具程度のクオリティーであれば、
経年劣化により異音や捩れの原因となります。
その為、この蝶番でも専用の特注蝶番を採用しています。
世界に通ずる技術で有名な某鉄板工場にて製作されています。

・強度とは別ですが防音ケージの説明に関連して
防音ドア周りの気密パッキンも犬小屋JP専用特注パーツの一つ。
またこれらは蝶番と合わせ、耐久テストをクリアし
性能をクリアしたものです。

■ビス、金具+組み構造のコンビネーション

・画像は屋外犬小屋のサンプル(一例です)ですが
設置目的に応じて彫り込み施工、凹凸施工をした上で
ビスなどの金具と同時に全体を組み上げます。

<以下画像は一般屋外犬小屋構造の一例>

犬小屋画像組み付け概念

・屋外防音の場合は防音コースに応じて構造が異なります。
Wヒノキ+下地というパターン、屋内用の場合は
下地ベース+センターベース+Wヒノキというパターン等、
1パターンではなく屋内用、屋外用、防音、各種小型大型と
様々なサイズ、用途の犬小屋を全て満足の出来る強さになるように
設計してそれを現実化して施工しています。


*構造はケージにより異なります


・尚当サイト内の情報は内容更新までの期間実際の現場の状況や新しい素材や新しい製品との
誤差が出る場合があります順次サイト内のページは更新しますが先だって最新の情報は
こちらの犬小屋JPの最新情報ブログのほうで犬小屋や防音ケージの情報をお知らせしますので
最新情報や予告や納期状況などをご覧くださいませ
場合によっては数か月で更に品質向上を目指して内容変更改良する事もあります。
当ショップでは無害で安全で仕上がりの良いものをながらく提供する為に、
震災の影響やメーカー供給停止などによって資材が無くなった場合でも、
常に一定レベルを満たす素材を求めて採用しています。
せっかくプロが製作するものですからDIYレベルから一歩踏み出たものを
ご提供するよう日々勉強日々ノウハウ蓄積しております。
少数生産体制でご対応しておりますのでWEB更新やブログ更新
納期などご迷惑をお掛けする事もあると思いますがどうぞ宜しくお願いします。
先だって犬小屋や防音犬小屋の製作例はこちらで抜粋して先行掲載します。
定期的に詳細掲載をWEBのほうにも致します。

犬小屋JPからの最新のお知らせはこちらにて掲載致しますので宜しくお願い致します







































 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 




犬小屋JPへの見積もり依頼たお問い合わせ先



犬小屋の配送について

お見積もりご依頼、ご相談、お問い合わせはこちらの一覧へ

犬小屋JPのINDEXへ戻るにはこちらからどうぞ