犬小屋、防音ケージ、オーダー関連FAQ

・質問&回答の記載に関しまして

技術は日々進化し性能が向上する可能性があるものは常時改良していますので内容より実物が更に新しい場合があります
完全出来上がり品(即納品)で無いオーダー品に関しましては細かい箇所まで指定が可能で回答と異なる仕様も承ります
ハンドメイド品をご注文頂いた当ショップのお客様(オーダーメイド工房ご利用のお客様)には常時最新情報のオンラインマニュアルがあります
当ショップのお客様は配送時には直ぐに知るべき注意点と使用法のマニュアルが提供され、その後はオンラインで永年バックアップされます
このページのご質問回答は実際に質問を頂いた個別内容を抜粋しています、お客様独自のご質問はお気軽にお問い合わせからお送り下さい

お問い合わせ先・お見積もり・ご依頼ご質問はこちらです
犬小屋、防音犬小屋、断熱犬小屋の製作例、ご依頼主様のご感想はこちらです

初めて飼育するので不安・ハンドメイド利用が初めてで不安

A:お客様専用オンラインマニュアルを提供しています

当ショップは売り切りの既製品と違います。納品前にも十分オーナーの意見を聞き、
オーナーの求めているものを具体化するお店です。
また、量産激安既製品のように形として無難に使えるという目的ではなく、
オーナーのもとに届いた時点でオーナーの欲していたものに納まると同時に、
ペットやオーナーの快適さ安全性、長期的には寿命を考慮したものです。
出来れば末永くそして出来れば次の代まで使用して頂きたいと考えています。
と同時に事前予測出来るトラブルの元は注意発起したいですし
事後メンテナンス、劣化箇所修繕調整方法等の参考も新しいバージョン、
新しい構成に対して提供していきたいと考えています。
そのため、こちらのオーナーズオンラインマニュアルに年度別マニュアルがあります。
メンテナンス、注意点、ヒントなど納品後いつでも見ていただけます。

木はオシッコや汚れを吸って臭くないですか?対策はしているのですか

A:動物・子供が食べても問題無いレベル(EN71取得)の内装専用専用コーティング用意しています

木製品に水分や汚れを直接付ける事は厳禁。バイキンや腐食菌が繁殖し劣悪環境の温床となってしまいます。
そうなると抵抗力の弱い動物は病気になってしまいます。水が付いた時に汚れが付いた時に吸収せず
拭き取れる事を考えます。内装、外装共に汚れが付着しにくく掃除がしやすい対策を施しています
犬小屋ケージ、飼育ケージ程度の容量の場合木の湿気吸収能力等は微々たるもの。
よって吸わせない、汚さない、綺麗に長年使え、無害で口にしても大丈夫な施工がせまられます。
そのため内装専用施工保護材、外装専用保護材で快適に使えるよう対処しています。
オシッコや食べ物がこびりついてバイキンが繁殖したりすると悪臭が出てきますが、
クリーンな状態を出来るだけ維持できれば気持ちの良い環境を継続できます。

プライバシーが漏れたりしませんか?

A:お客様情報は厳重管理しています。「inu-goya.jp」はハイレベルなSSLで暗号化取得

インターネットからお問い合わせ頂く場合はSSL暗号化処理によって個人情報を保護しています。
またファックスやりとりであるアナログデータもデジタル化し、PC関連でのやりとりも全てデジタル化の上で
厳重に保護されています。またデータ保管マシンはネットから隔離された場所に置いてあります。

塗料はペンキや建材用塗料を何故使わないのですか又、無塗装は出来ますか

A:建材用塗料・健康塗料・修繕塗料・ウッド塗料は建材用で完全無害ではありません

塗装はご希望が無い場合は致しませんので無塗装も可能です。
塗料に関しましては設立時から「食べても死なない安全レベルが極めて高いものを採用する」のがコンセプトなため、
一般に使われているペンキ、建材内装塗料、外装塗料、健康塗料と言われている匂いを抑えただけの
要するに人間向けの食べられない塗料は一切使用していません。
根拠としては、アレルギーやシックハウス患者様に向けた製品に近いニュアンスで、
食べて口にしても全く害が無いものを採用しないと、動物は確実に口にする。
という事を実体験から知っているからです。犬小屋JPは素材から徹底的なこだわりを持っているショップですが
塗りやすいから、下地処理が簡単だから、儲かるからと妥協しては
塗料一つのせいで全てが台無しになってしまう事になります。

防音犬小屋って不快ではないですか?

A:動物保護法の観点からも問題なき完全な幾重にも重ねた安全対策、快適対策がベースにあります

犬小屋の換気

不快なだけでなく死亡事故に直結する可能性があるジャンルです。
そのため専門知識が必要。その上で快適なスペースとなるようなノウハウを有しています。
必ず密室空間になる可能性があるものですから、アマチュアが製作する事はお奨めしないほどです。
常に空気を中に送り込み(密封空間には圧力をかけて中に押し込まないと空気循環は起こりません)、
同時に中から空気を吸引して内部の空気を外へ外へ、外部の空気を中へ中へ送り続ける必要があります。
また場合によっては内部の温度の調整も必要です。防音犬小屋は作り手の意図で快適化しなければ
安全面も快適面も確保できません。専門家にお任せ下さる事が重要かと思っています。
また諸注意を必ず守って使用には十分な注意を払ってください。
そうすれば快適な使用、安全な使用が可能です。

料金詳細はどうなっているか
A:使用する素材に対する対価からして激安を目指しています

オーダーメイド品に関してはパーツ実費です。残りは作業職人賃金となっています。
母体となっている建築事務所同様、必要な資材の仕入れ単価分は実費、
残りは大工、木工職人の日給x製作日数となっていますので無駄な経費はかかりません。
犬小屋JPでは法人としての利益追求をする状態になく、職人賃金の確保を重点に置いていますので
お客様にとっても安くて高品質な木材を仕入れ単価で使用して頂けるなどの利点があります。
詳細は請求時に必要な箇所は常時お知らせしています。
支払いはどうすればいいのですか
A:安心スピーディーなネットバンク、カード等対応しています

銀行振り込み、クレジットカード、ペイパル等多彩な決済をご用意致します

犬小屋オーダーメイドの決済にカード使用可能です
ヒノキに打痕が出来てしまった
A:国産ヒノキは扱いやすく強靭であると同時に素晴らしい特性を持っています

国産ヒノキはヒノキオイル含み率があり柔らかさ、モーメント、水分保持率が常に適切。
その為、物をぶつけてしまって軽い打ち跡が入っても、水を含ませたタオルで少し濡らして放置します。
(余分な水分は拭き取り)すると1時間程度で元の形状に復元します。
納品物で素地の表面に浸透保護オイル仕上げをしたものも同じように復元力は保持しています。
汚れてもタオルで拭くと綺麗に元通りです。

* 詳細は購入者専用のオンラインマニュアルに詳細説明しております
特別な理由で細かい要望がある場合聞いてもらえるか?
A:即納品物は9割出来上がっていますので、完全オーダー物は自由に指定可能です

過去に、市販品を購入し設置したが家族が体調不良を起こした為今度は失敗したくないという方に
希望通り無塗装で造り込んだ事もありますし、某社のケージで愛犬が不具合を起こした為に
その写真を見ながら改善案を模索した事等もあります。
良い素材を植林レベルから監視できる環境にありますので、
同じ木材でも産地、輸送、分離、整形、保管、加工からお客様に渡るまで透明度が高い為に
家族にアトピーの方、シックハウスを発症した方、アレルギー体質の方がいても
徹底して無害性の高いものを提供する事も出来ています。
構造など良く分からないですがこだわる必要があるのですか
A:建築士、在来現場職人が「人が住む家」と変わらない視点で設計/防音室も音楽防音ルームがベース

犬小屋JPでは根本的に他社では出来ない事が出来る環境にあります。
利益追求型の経営を設立時点からしない事を決め、フォーカスを決める時点で
「商品力」にハッキリ置いてきました。
その結果、独自の素材、構造、パーツが生まれ蓄積されながらも現在も変わることなく素材は
生き物に対して最良であろうと思われるものをキープしています。
「心配していましたが自分からケージに入って行ったので驚きました」といったメールが多いのは何故だと思われますか?
動物が嫌がるであろう素材を一切排除しているからであり、室内が快適であるからだと思っています。
全員が偽り無く良い素材を使っている事を知っているので何も嘘をつく必要がないですから、
むしろ経営がやりやすく感じています。普通流通していないような倍の太さがあるような
「太すぎでしょう」と言われるほどのビスを骨格を組む時に使用し、埋め込んだケージは本当に強いです。
大工職人歴30年以上の棟梁が「これは壊すのに壊せないな」と言ってしまうような非常識なビスです。(実話)
小型ケージでは強度を出す方法をしっかりおさえていかなければ結果は出ません。
高価で利益を限りなく圧迫するような極厚アクリルを使用する。「ガラスを使ったほうが安いのに」と言われます(実話)
説明は不要かと思われますが、弱い構造、ビスはどこにでも売っており安いです。
しかし弱いのです。全体を組み上げていけば他の結合箇所の助けで強度は上がりますが
私は構造自体で既に強靭な構造にしたいと思っています。
割れる可能性があったり共振する可能性があるガラスは使用したくないと思っています。
防音パッキンも一般で手に入るものは使い物になりませんでした。なので専用設計しました。
丁番もそうです、作りこんだドアに普通の丁番は役にたたなかったので専用品をオーダーしました。
塗料もそうです。どんなものを試しても実験段階で無害性100%、食べても害が出ないもので
屋内でも屋外でも耐久性があるものが市販品で無かった為、現在の品にたどり着きました。
これはほんの一部、素材はこのように必要であると思うが故にこだわっています。
造りも、製作過程もそうです。一手間も二手間もかけています。
恐らくハンドメイドメーカーで一番不器用で一番利益率が少ない事と思います。
構造、基本強度にこだわるのは阪神淡路大震災を実際に関西で体験したからであり、
数十年以内に南海地震が必ず来ると言われている位置にいるからであり。
やっていて後悔する事と、やらないで後悔するのであれば経営者として、やって後悔するほうを
選ぶ。という事なのです。使用してみて分りますが動物は素直に反応します。
しっかりした素材や装備などは実際に過ごす彼らの様子を見れば理解して頂けると思っています。
動物基金、合法木材とは何ですか
A:動物愛護に微力ながら参加する事で製品への気持ちを持ち、合法木材を使用し森林活性化貢献

微力ですが森林環境保全等への募金、動物愛護団体等への貢献等です
http://www.border-noisy.com/
捨てられるペット等をなくしたり、多くの動物を幸せにする寄付をしたい方は
上記ボーダー基金をご利用頂けます。
また使用する木材は全て合法木材を使用し、オーナー様が当ショップで注文して
木材を使用すると自然の山が整備されていく事に無意識に参加出来ます。
合法木材は間伐などをしっかりし、流通に乗せた正規ルートの国産ヒノキです。
またメイン配送にはエコ配送を選択し、ゴミの出ないエコ配送を心がけています。
無塗装にしてどんどん木に匂いなどを吸わせたらどうか
A:仮に吸わせ続けて飽和状態となった場合、その汚れ、蓄積物はいつ清掃するのか?それが出来るのか?

木に吸わせるといっても限界があります。

空気清浄機などにもフィルターが入っていますが数ヶ月で掃除をします。
どんな形態であれ汚れを吸収、吸着させるのであればそれら吸収したものを
いずれ清掃しなくてはならなくなります。
まして木材にはそういう浄化システムは内臓されていません。
また無理に吸収させれば劣化菌の繁殖を自ら助けるようなものです。
木は根本的に濡らさない、汚さない、傷つけないというのが大原則です。
犬小屋程度の木の太さでしたらすぐに蓄積されて限界がきます
木に吸着吸収させるという発想は賛同できません
建築、木工加工の基本として木は水に濡らさない、濡れたら洗い乾燥させる
色物、汚れを木に直接付けてはいけない。これが基本中の基本です。
但し、指定に沿います。
無塗装で納品をというお客様にはそのように致します。
超大型の犬小屋はどうするのですか?
A:組み立て式には高品質アジャスターと専用ナット採用、スタッフ組み立てサービスも

大型でも製作し、組み立て式にして現地で組み立てて設置します。
(組み立てはスタッフがしますので全く心配いりません)

何メートルでも問題ありません。ベランダへの大型犬小屋や屋外やガレージへの大型等。
パネル工法や合わせ工法など全てヒノキで快適素材で製作します。
超大型は納期が必要な場合が御座いますので事前お問い合わせ下さい。
基本的にお客様に無理な組み立てをさせたりしません。スタッフが組み立てします。
軽量化、断熱犬小屋の大型タイプも可能です。
ご自分で組み立てたい方にはもちろんマニュアルを作成して添付します。
怪我など心配な方はお任せ下さい。目の前で綺麗に組み上げます。

防音ケージは防音性と強度を得る為に重量がありますので超大型は制限目安があります。
防音ケージなどもそうですが強度、性能を高くしたい方は
完成形のほうが専用ビスを使用するため性能重視です。
法人の下請け製作してもらえますか・見学はしていいですか・メディア露出

A:ペットショップ、ブリーダー向け製作程度は可、その他は基本不可/別途相談

*顧客データ等の保護目的観点、防犯上、オーダー品集中の為見学開放はしていません
*リフォーム会社、同業者への納品はしません(過去問題が多発したため一切受けません)


下請けの対応に関しましては行っておりますが、犬小屋JPへの注文が大変多く、
一般のお客様にも納期を長く頂いている時期も多くあります。

基本的には一般のお客様優先である事はご理解の上でお願いします。
お客様に納品される場合は必ず素材の内容、
使用注意など十分ご説明して頂ける事が必要です。
また申し込みの内容によってはお断りする事も御座います。
一部パーツの提供などは全体の組み付け精度の想定が出来ないなど
問題が出るようなオーダーは事前にお断りします。

犬小屋JPでは全てのお客様に無垢材の特徴やお手入れマニュアルなど配布し
十分お客様にご理解頂いて満足頂いております。
納期、素材説明、使用説明等に関して事前話し合いの上、
ご納得頂けましたら是非ご利用下さい。

工房の見学に関しては特別な場合を除いてお断りしております。
別場所にて掲載しましたが、当工房のデザインのコピー品、
卑劣な方法での批判商法、ブログなどでの記事(保存済)等、
場合によっては法的に十分妨害ととれる行為をしている業者の存在の確認や、
下請けを承諾して製作している場合は先方の企業の秘密の厳守も必須になります。
全てオープンで開放できるものではないオーダー品もある為、
見学、現地交渉などはしません。
時期によっては複数の工場が稼動する事もありますが
それら全てに適用します。

スタンスとしては一般のお客様に対する製作の姿勢を重視、
法人への納品などの場合も同じスタンスで臨んでいます。
イコール、プライバシーの保護、企業秘密の厳守が必要です。

また当工房の目的はあくまで顧客満足度重視、高性能、高い次元でのオーダー納品ですので
TVや雑誌等への露出などは特に希望しません。お問い合わせを頂きますが
当サイトの紹介などはお問い合わせを頂き、記事などに関しては
内容を見させて頂いた上で判断しております。取材などは現在までも基本的に
お断りしておりますし今後も基本的には受けません。
必要な場合はお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。
お手数掛けますが宜しくお願い致します。


*2010年よりリフォーム業者様向け、請負等全ての業者向け対応を終了します。
(トラブル、見積もり関連等含め一般のお客様の業務に支障が出た為一切を終了します)
(法人卸のみ継続します/募集は官僚)
一般の方のみのオーダーになります(ペットショップ、トリミング業者様等への店舗納品は継続)

量産の犬小屋とどこが違うのですか

A:安全性、耐久性、一緒に住む人間への影響まで考えたのがプロショップケージ

素材から塗料から生産地から流通まで大きく異なります。

数千円~の犬小屋がホームセンターや
大手通販(書籍も同様)で売られてますので犬小屋としては
十分使用できると思います。
実際にホームセンターなどで犬小屋を見た事もありますが
犬小屋の形をしていますし雨よけには十分と思います。
実際問題として数千円で犬小屋が出来るのには理由があるので
それで良ければ問題ないと思っています。
価格を安くするには安い素材を使い、安い塗料を使い
10日かかるところを半日で仕上げ、大量に規格ものを
複製すれば数千円で販売できます。
私どもの製作する犬小屋とは実際問題として
全く持って異なる意識で作られた犬小屋であるので
同じ土壌で並べられるものとは思っておりません。
また金具一つの使い方、素材や金具の選択、施工を見れば
多く存在する手作りペット用品会社であっても違いがあります。
良い素材や施工の業者は素人の方でも見れば分かります。
並べて見て細かい部分の造りやパーツを比べてみましょう。
愛犬が老犬ですが世話に困っています
A:老犬にあわせた装備がありますので具体化します

老犬に合った犬小屋をご提案します。

サイズ、高さ、その他細かい希望を形にします。
犬をもらいました。サイズなどがわかりません
A:犬種にあわせたサイズがありますのでご提案します

環境や愛犬に合ったものを提供しますお問い合わせ下さい

小犬を飼い始める段階で犬小屋をお作りすると
すぐに馴染みます。また将来を見越したサイズで製作しましょう。
詳細は何時でもお気軽にご相談下さい。
犬小屋の材を杉やベニヤなどの安材にしたら価格は下がりますか?
A:高性能な国産ヒノキを安材、杉や合板以下の値段で用意出来る唯一のお店です

変わりません。私たちには直結した製材所があります。

その為、高価で効能の高い(建築素材で高級資材とされ、
実際に一般の方がヒノキを仕入れると高額になります)
ヒノキをオーダーメイド工房専用で用意出来ています。
つまり、例えば高知県産の一般的な杉はヒノキより通常は
相当な安値ですが、ヒノキを杉同等でお客様に提供しています。
驚かれる方もおられますが、当工房はヒノキを如何に確保するか
ヒノキをどうすれば全ての顧客に使用出来るかを考えてきた工房です。
その為、杉や合板に変えても価格はほとんど変化しません。

(最初から杉材以下の単価でヒノキを提供しております)
防音犬小屋は私達にも作れないか?材料を分けてもらえるか?
A:防音犬小屋を知識なく真似て窒息事故を起こし愛犬を死亡させた実例がありますご注意を

防音に関しては特に技術的な問題が多く、アマチュアの方やプロであっても
専門の実験やノウハウを持たないと製作できません。私達は特許申請中のノウハウも含め、
防音に関しては特殊な分野であることを認識しています。また、きちんと使用説明をしないと
危険な面もあるのも防音ケージです。しかしながら間違った使用法をしなければ安全で、
この上ない快適性を提供するのが私達が長年研究開発してきた防音犬小屋です。
残念ながら、一般に市販されているパーツだけで作れるものではないので、
犬小屋JPの納品するものと同じレベル、快適性のものは一般の方でも、
普通のペットハウス業者でも不可能だと思います。
ノウハウばかりでなく、犬小屋JP専用に型枠から起こして特注しているパーツもあるので
同じものを製作することはできません。
防音に関しては「安全であること」「快適で何時間でも中で過ごせる事」「環境が悪化しないこと」
「デジベル数が基準以下であること」「後から修繕が出来ること」など犬小屋JP独自の基準を設けています。
逆に言えば気密性の無いものは防音犬小屋ではありません。
また、環境が悪化するものも認めていません。私達の目指す防音ケージとは、騒音で悩んだりすることで
飼い主、その周りの人たちが困っている場合等に助け舟となるような
本当に意味のあるものです。ですので製作サイドとしては
気軽に簡単に作っていませんので、パーツの配布や安易な製作方法提示はしません。
一般の犬小屋と違い、防音の意味、それに対する姿勢は安易ではいけません、事故の元です。
稀に明らかにそういった劣悪な防音販売者を見ることもありますが
私達がそれを忠告する立場でもありませんので、お客様が判断して頂くしかありません。
私達の防音ケージにはトレードマークが刻印されています。
キャンペーンは実施していないか
A:愛顧キャンペーン、メーカー提携キャンペーン、決算キャンペーン等ご利用下さい

常にご案内しております、お見積もり時や請求書発行時にご案内しております。
利益還元としてお客様に対し、塗装関連のキャンペーン、キャスター関連、送料関連、
排気吸気器機関連、ペット用品関連など常に還元を行っております。
ご利用頂きたいと思います。
小型ペット、大型ペット等特殊なケージはできますか
A:ご希望に合ったご提案をする事が出来ます

既に多くの実績があります。
ハムスターから、蛇まで要望にお応えできます。
基本的に使用する状況をお聞きして必要な強度を計算しますので、
小型の動物などには軽くて扱いやすいものも納品できます。
ヒノキ製品は動物に寄生する小さなダニや病原菌に対して天然効果を持ちますので
小動物等の病気未然防止にも役に立っています。
ヒノキの香りの影響は無いですか
A:全く問題ありませんヒノキオイルは「ダニ」に対してのみ効果を発揮しますそれ以外にはむしろ癒しを与えます

明らかに犬、猫、爬虫類には影響はゼロです。
特に犬と猫が嫌うのは柑橘系の香り、合板コンパネや集成の鼻を突く刺激系の香りのほうに
反応します。これらの実験は事業計画時点で行った初期の実験で
複数の犬種、猫種で行ったため間違いないです。(現時点で既に10年ほども前の事です)
使用している木材、塗料は実際に試して確実に影響が無くむしろ好まれる香りである事を
確認した上で使用しています。当然の事です。

「心配している私の気持ちをよそに自分から室内に入っていったので驚いた」

こういう返信がとても多いのは素材の選択を間違っていない証だと思います。
また同時に刺激物を一切使わないという理念を徹底している事。
パテが必要な箇所でさえも手作りの目止めを使う徹底さです。

素材に関して「そこまで犬小屋にこだわってどうする」と同業者が来て言ったほどです
こだわるから犬小屋JPの存在価値がある。ということです。

松ヤニというのは聞いたことがあると思いますが松などはかなり経年で
ネットリした油が表に浮き出てきたりしているのを古民家などで見かけた事はないでしょうか?
ヒノキのオイルとはサラッとしたもので、木の全体に含まれる類のものです。
ヒノキ俎板は太古から日本国民には馴染みの製品ですからご存知かと思いますが、
ヒノキそのものには、抗菌、防ダニ、防カビ効果、リラックス効果があり
アトピー患者やシックハウス症候群になってしまった方の為にALLヒノキで作った家などもあります。
要するに天然ヒノキは害がありません。

食卓の素材を乗せるヒノキに害があったり物に香りが移ったりするのであれば
寿司屋で使う事もありませんし長年台所で活躍し高価なはずがないですね。
日本人は古来から、本質を見極めるのが得意です。
良いものは高値がつけられる。必然です。

その扱いやすさ、その適度な性能をじっくり堪能して頂きたいと思っています
最近足腰が弱ってきて動きが鈍くなったので困っている
A:愛犬、ペットの状況に合ったケージを製作します

愛犬も老います。スロープをつけた小屋も提供できますし

入り口や高さ、食器置き、その他細かい特別仕様にできます
お気軽にお問い合わせ下さい。
坂の角度を徹底して緩くする事も可能ですし
坂部分に様々な細工を施す事も特別な装備をする事も可能。
どうぞお気軽にご相談下さい。
断熱材の犬小屋は作れますか?
A:床から屋根まで断熱化した屋外犬小屋が製作できます

断熱犬小屋の製作も防音犬小屋同様に長い歴史があります。
日光から室内を快適に守る屋根断熱、
壁全体に渡っての断熱などなど。
真冬の寒さから守る犬小屋から真夏の暑さから守る犬小屋まで多様に対応します。
障害を持った愛犬を飼っています対応できますか
A:愛犬の不利な箇所を補う装備のケージを製作します

完全オーダーメイドです。対応します。

このような希望があるということを聞けば
それを実現できるように最大の努力をします。
現在の愛犬の状況や癖などを詳細教えて下さい
これから先愛犬が如何に楽に人生を謳歌出来るかを
徹底して考えて設計します。
送料はいくらくらいになりますか?
A:850円~10000円程度で完成品を現地現場までお持ちしています

送料はサイズなどによりますのでお見積もりします

北海道、沖縄、信州、東北の場合は別途必要な場合があります。
更に、運送保険保険は200円程度で10万~50万対応(工房負担)、
更に組み立て式の場合は組み立ても行います
無塗装はできますか?
A:設置場所によりアドバイスさせて頂きます

可能ですが劣化やその他問題が発生する可能性がある為

出来れば内装のほうは最低限、施工される事をお奨め致します
犬小屋の中では時に犬が下痢をしておもらしをする事も
嘔吐することもありますのでカビやバイキンが繁殖しないように
清潔に保てるか否かが寿命にまで影響します。
工房使用の植物樹液はばい菌の繁殖を増大させる
汚れを木に染み込ませないでふき取れる効果があります。
嘔吐などがあっても濡れタオルでサッとひとふきです。
犬小屋に入りたがらないのですが?
A:犬小屋JPのケージは実例を元に改良を加えてきた為、「入らない」報告ゼロです(2010年現在)

特に入らない癖がある場合は事前お知らせ下さい精一杯の対策をして納品します。
ケージに入らない原因として鉄製であったり、木製でも嫌がる材質があります。
特に塗料に反応する事が多く、あとは入り口と入り口の設置場所です(高さ/サイズ関係有)
外で住まわせている犬猫は鈍感に思われるかもしれませんが、
小屋に関して神経質になる傾向があります。
特にサイズと塗料に反応しやすい子がいます。
犬小屋JPでは既に全て対策済みです。
犬小屋が汚れて困ります
A:犬小屋は汚れるものなので、汚れが付着しにくい下準備が重要です

素の状態ですとすぐに汚れます。汚れ防止(拭き取り)に

専用内装自然塗料を施工していますので直ぐに拭き取れます
犬小屋の特別装備は
A:まずはお気軽にお問い合わせしてください、装備できるものは装備します

可です。食器置き場や窓や軒長さ調整

高さ、部屋から愛犬の顔が見えるように格子を付けたり
ほとんどの希望を形にしています。何でも聞いて下さい。
他の安い犬小屋とどこが違うの
A:素材、構造、耐久性が異なります環境によっては20年以上使えます

使用している素材が全く異なります。試しに量産の犬小屋の素材や

使用している塗料の成分を調べていただくと
天然の国産素材では出来上がっていないと思います。
多くの流通犬小屋は海外製であったり、素材に防腐剤が
入っていたり、塗装にラッカーやペンキやニスを塗っていたり
パネルで作って家主が組み立てたりと、コストカットが
図られています。犬小屋JPは妥協することなく
犬小屋をオーダーメイドしています。
詳細は何時でもお気軽にお問い合わせ下さい。
犬が吠えて隣近所から苦情がある
A:愛犬の安全と生活を守りながら防音対策が可能

防音仕様(防音シート+防音窓)の製作も可能です

屋内用犬小屋の防音のページ
防音犬小屋は初めて設計して10年以上の歴史があります。
現在のバージョンはほとんど専用のパーツや機材を使い
木造の快適さ安全性を持ちながら性能は35~70デジベル効果まで
多様に対応できるようにまでなっています。
防音犬小屋のプロフェッショナルとして他社追従一切許さぬ内容です。

木のよさを活かした内装とプロ仕様の防音室を融合した防音犬小屋をカスタマイズ納品します。
合板、輸入材、杉や松で何で作らないの?
A:この素材であればオーナーは満足してくれるという確信をそのまま行動に

作れますし何度も実験段階で仮に作って試しています。
結論からして犬小屋JPが求める性能を満たさないので使いたくないということです。
確かに加工が簡単で安く、職人だれでも作れるような荒さで納品すれば
楽なのですが顧客満足度は得られないです。少なくとも納品後ガッカリさせたくないと思っています。

理由はダニ抑制効果が低い事と、耐久性などに問題があること、

雨に濡れたときに悪臭を放つものがあること、匂いを吸着して蓄積しやすいこと
その他植物原料塗料と相性が悪い事、抗菌効果が低すぎること
あげればキリがありません。
杉や合板でも希望があれば使用させていただきますが
植物樹液の浸透率などが異なります。
特に杉は異常に水分を飛ばして乾燥するので
乾燥した杉に指定の研磨をすると木が柔らかすぎてひたすら
削れてしまうので研磨指数を上げますが、それでも水分を猛烈に吸うので
ヒノキのようなツルツルの浸透結果にはならない事があります。
結論から言うと合板のほうがまだ良い場合もある感じがすることも。
おしっこや体液なども吸い込むので後で洗ってもとれませんので
出来れば表面保護をする方向はかなりしっかりしたほうが良いかと思います。
そういう事ですので他の材料でも指定があれば最善は尽くしています。
価格は杉でもヒノキでも合板でも一緒ほどであまり変化は無いです。
仕入れ単価自体が、手間が同じなのであまり変化が見込めません。
ですのでせっかくですので良い素材のヒノキを。
といった形になっています。個人的にこの木でないと!というオーナーには
合わせます。
犬があっちこっちかじってしまう
A:ヒノキはかじりに強く、食べても無害。塗料も食べても無害。

根本的解決にはストレス解消やしつけが必要ですが

工房の犬小屋は口にしても無害の塗料と国産ヒノキを
使用しています。このヒノキには防腐剤を使用していません。
かじっても全くの無害です。またヒノキの入り口から全て
角は丸くなっているので齧られにくく、極太ですので
かじってもビスなどの金具まで到達できません。
格子のヒノキにはビスを貫通させていませんので安全です。
また塗料は完全植物由来で完全無刺激、無味。
好んで舐めたり噛んだりしません。
安全対策を十分した骨格、内装です。
愛犬が入り口から身体を乗り出す
A:デッキなどの装備の追加も可能です

犬小屋にあわせたミニデッキ、ワイドデッキなどを

犬小屋に合わせた色でご提供しています。
犬小屋との同時注文で半額で製作しております
お気軽にご用命下さい
小屋にロープを結ぶ場所を設置できますか
A:金具設置、調整も可能です

問題なくできます。穴あけでも金具設置でも

ご希望いただければ施工させていただきます。
雨や風がひどい地域なのですが
A:悪環境での使用を想定した設計ですが、更に特別仕様も可能

屋根の長さ、軒の長さ、小屋の高さなど変更しますので

設置する場所の状況をお知らせ下さい。
工房のある高知県室戸市も台風が頻繁に上陸します。
この地域で色々研究もしていますし、東北地方などの
積雪地域向けなどそれぞれの地域に合わせた仕様、
塗装もしていますのでお気軽にお問い合わせ下さい。
室内で大量に飼っているのですが
A:複数注文可能(複数割引対応)、連結仕様、関連仕様可能

犬小屋を連結できるような作りにもできますし

関連性を持たせた仕様にも出来ます
ご希望をお聞かせくだされば形にします
工房得意の防音処置も承ります。
細かい調整、分からない事があるのですが
A:オンラインマニュアル、お問い合わせも可能

購入後、犬小屋JPの犬小屋のオーナー様には全員が入れるメンバーズルームを用意。
パーツから素材まで完全公開しておりお手入れから微調整に至るまで、
犬小屋のオーナーの為の情報を公開しています。
オンラインマニュアルをご覧下さい。
オンラインマニュアルは常時更新され新規内容が必要あらば常時進化します。
ヒノキ犬小屋は寿命も長く何代にも渡って使用して頂いている方もおります。
中にはご近所、そのご近所と口コミでどんどん評価が広がり一帯が犬小屋JPのご近所様も。
犬小屋の評価だけでなくお手入れやマニュアルの存在も一つの要素となっています。
買った後も末永く使用出来るようにとの配慮です。是非活用下さい。
また不明な点はメール等でのお問い合わせも可能です。
複数に数を多く発注できますか?
A:個人様に限り可能です(納品時期は事前打ち合わせ必要です)

個人様でしたら可能です、納期などのご希望があります場合は

出来るだけお早めにお問い合わせお願い致します
当工房は法人様へも納品しますので時期によっては混雑する事もあります
また、法人様の注文では契約が必要な場合が御座います
(現在は法人提携先募集はしておりません)

犬小屋JPへの見積もり依頼たお問い合わせ先
問題は解決されましたか?不明点、気になる点、お問い合わせして下さい。こちらクリック

お見積もりご依頼、ご相談、お問い合わせはこちらの一覧へ
犬小屋JPのINDEXへ戻るにはこちらからどうぞ