犬小屋の角を無くしビスの出っ張りを無くしました

角が無く優しい作りのラウンド研磨加工でストレス、ケガの無いつくりです


・全ての骨組みビス(特注極太ビス採用!)は木の中に埋め込まれて外気に触れません(酸化、怪我防止)
・防音ケージ等中空タイプでの外装の場合ビスは表面方向に存在しません(酸化による劣化、怪我防止策)
・全ての中空タイプで内装に至っても見える箇所にビス頭や金具などありません(酸化劣化、怪我防止)
・主要骨組み用ビスに至っては国産専門工場のみ採用、小型ビスもISO工場品のみ採用
・骨組み、柱、出入り口周辺は全てラウンドシェイプ採用(怪我防止)
・ラウンドシェイプは全て手作業にて研磨、使用角度は過去実験による最適な角度
・ 細かい造作箇所でロールが取れない箇所でも全て微シェイプ/研磨実装

優しく気持ちよい犬小屋
〔角は全て丸研磨加工〕
犬小屋の角を丸く加工
角を1つずつ手作業で優しく丸く研磨。
安全で錆びない犬小屋
〔ビス無し埋め込み加工〕

犬小屋の外から見えないビス類
ビスを木の中に埋めて見えません


■とっても重要な特徴。ビスを下穴を開けて、打ち込んだ後に栓をして密封する。


強く錆びにくい丈夫なビスをヒノキの中にしっかり埋めてあるから、ビスを愛犬が舐めない
ビスが木の外に出ていないから引っかからない、錆びが浮かないから害が浮いてこない。

犬小屋の置かれる環境は相当に厳しい事を十分熟知しています。
屋外犬小屋にいたっては、塩害、雨害、風害、災害と様々な想定がされます。
その場合ヒノキによる耐久性と同時に重要な金具類の増強に加えて
それら金具類(特注極太ビス、L字金具等)を劣化させない事も考えています。

・劣化防止には空気に触れさせない事が第一。そして、
雨や塩害から守る事が有効です。その為ビス類等は全て深く木中に埋められています。
また修繕が必要な時は順番を辿れば取り外しもできるよう、
打ち込み栓等に関してはお客様のヒノキと同じ原木から作り込んでいます。
私たちの使用するビスは太く長い為、ビス頭も一般建材より格段に太く、
市販のダボでは使用出来ないほどです。
そこでダボ専用の金具にいたってもこれも特注品となっています。
アマチュア向けのダボ作成キットである9パイ、10パイでは強力ビス頭が打てず、
また直径も細い為、特別仕様の金具を使用しています。
なぜそこまでこだわるのでしょうか?
犬小屋JPでは根本的なスタンスが顧客満足度であり、
犬小屋の強度と安全性であります。その為の投資は妥協していません。

・ビスの太さとか良く分からないという方で興味がある方は、
ホームセンターやネットショッピングなどで建材用のビスを見て頂くと分ります。
ホームセンターなどでは昨今、建築用のビスが売られています。
25ミリから120ミリまでの長さが良く見られます。
手に取れますので是非手で触れてみる、目で見てみて下さい。
どれも長さは変化しますが太さはさほど変化が無い事が分かると思います。
また、中には長さが長いものもありますが長く、ネジを切ったものは
実物を曲げると直ぐに折れます。非常に簡単に折れるものです。
釘のほうが粘りがあるくらいです。
そこで犬小屋JPではこのビスの長さは、150ミリから250ミリまでのロングで、
太さを3倍程度まで太くしたものを発注しているのです。
その強度たるや、ヒノキに打ち込んでコンクリートに叩き込んでも
曲がるばかりで折れようとしません。明らかに通常ビスと異なるのです。
この力の差こそが、万が一の時の「差」になるのです。


■角を無くす。職人の意地と心使い。

・ラウンドシェイプは犬小屋JPの特徴の中でも歴史ある施工です。
最初は飼い主様の事を考えて考案したものです。
室内や屋外に設置した小屋に餌をあげに行ったり
散歩の時には犬小屋に多く触れるものです。
その時に快適さを出す為、怪我の無いように一番気持ちの良い角度で
角を研磨したのが始まりです。

・現在は入り口から屋根まで全て施工されています。
愛犬が出入り口に入る時、飼い主様がもたれかかる時、
様々な場面で、怪我の防止とストレスを最大限少なくしています。


・尚当サイト内の情報は内容更新までの期間実際の現場の状況や新しい素材や新しい製品との
誤差が出る場合があります順次サイト内のページは更新しますが先だって最新の情報は
こちらの犬小屋JPの最新情報ブログのほうで犬小屋や防音ケージの情報をお知らせしますので
最新情報や予告や納期状況などをご覧くださいませ
場合によっては数か月で更に品質向上を目指して内容変更改良する事もあります。
当ショップでは無害で安全で仕上がりの良いものをながらく提供する為に、
震災の影響やメーカー供給停止などによって資材が無くなった場合でも、
常に一定レベルを満たす素材を求めて採用しています。
せっかくプロが製作するものですからDIYレベルから一歩踏み出たものを
ご提供するよう日々勉強日々ノウハウ蓄積しております。
少数生産体制でご対応しておりますのでWEB更新やブログ更新
納期などご迷惑をお掛けする事もあると思いますがどうぞ宜しくお願いします。
先だって犬小屋や防音犬小屋の製作例はこちらで抜粋して先行掲載します。
定期的に詳細掲載をWEBのほうにも致します。

犬小屋JPからの最新のお知らせはこちらにて掲載致しますので宜しくお願い致します







































 

 

 



 

 











 





犬小屋JPへの見積もり依頼たお問い合わせ先



犬小屋の配送について

お見積もりご依頼、ご相談、お問い合わせはこちらの一覧へ

犬小屋JPのINDEXへ戻るにはこちらからどうぞ